ホーム » 未分類 » webシステムは自社で開発できる!?

webシステムは自社で開発できる!?

多くの方はwebシステム開発を業者に発注するのではなく、自社開発で行おうとしたこともあるのではないでしょうか。
確かに複雑なシステムでは業者に発注しなければならないのですが、簡単な在庫管理のシステムくらいは自社でちょっとITに詳しい社員がいるくらいで制作できるのです。
しかし、いくら作るのが簡単だったとしても、きちんと事前に確認しておくことや、前もって気を付けておくことを理解しておかないと、せっかく作ったシステムが使い物にならなくなることもあります。
自社で開発すればかかるお金はないですが、それでも社員が業務時間を使って作っているものが無駄になったとあっては意味がないですから、そんなことがないようにしっかり気を付けるようにしましょう。

まず確認すべきことは、そのシステムにどのような機能を求めるのか、そしてそのシステムを運用するのは誰なのか、ということをしっかり確認しなければならないということです。
システムは必ず何かしら目的があって開発されるものです。
なので、そのシステムに要求するスペックに過不足がないようにする必要があるのです。
システム開発の世界では、大は小を兼ねる、というような言葉は存在しないのです。
過大なスペックは負荷がかかりますし、運用が複雑になってしまいます。
普段は使用しないようなスペックを実装するくらいならば、思い切って不要なスペックとして削除してしまうことも重要でしょう。

さらに、どのくらいの人がそのシステムを利用するのか、ということを把握することが重要です。
ある程度ITに熟知している人なのか、それとも初心者の人なのか、その点をはっきりさせないと、どんなにすばらしいシステムであったとしても実際に社員が使いこなせるシステムにならないでしょう。
上記のようなことは、webシステム開発の初歩の初歩です。
こうした点を見てもし面倒くさいと思ったならば業者に発注するというのも一つの手ですね。

システム開発 流れ