ホーム » 未分類 » ショップの開店祝いにプレゼントする花

ショップの開店祝いにプレゼントする花

私たちの周りには、カフェやレストランなどの飲食店をはじめ、雑貨屋さん、美容室、エステやネイルのサロンなど、さまざまな形態のショップをがありますよね。

知人がショップを開店されることもあるでしょう。
その際には、そのショップで何をするのか…また、お店の印象や規模も考慮して、お花を選んで開店祝いとして贈りましょう。

開店祝いに贈るお花の価格の相場につきましては、ショップの経営者と贈り主の間柄により相違しますが、家族や親戚の場合は10,000円~30,000円、職場関係の方の場合は10,000円~30,000円親しい友人の場合は5,000円~10,000円くらいが妥当な金額でしょう。

開店祝いに適する花には、スタンド花や鉢物、フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワーなどさまざまな種類があります。

明るく元気な花束 » 花通販専門の山形花屋ラフローレ

〜スタンド花〜

スタンド花は、彩りも鮮やかでとてもゴージャスなので、ショップの入り口の前に飾ると、そのきらびやかさでお客さんをたくさん呼び込んでくれるでしょう。ショップの開店祝いに最適で、贈り先の方にも喜んでもらえます。

ただし、スタンド花は場所をとってしまいますので、ショップの規模を知った上で、店の広さに合うスタンド花を選びましょう。

〜鉢物〜

豪華な胡蝶蘭の鉢物が一般的ですが、シンビジュームも控えめですが、とても良いでしょう。

〜フラワーアレンジメント〜

あでやかなフラワーアレンジメントは、大切な友人の開店祝いのプレゼントとして贈りましょう。

〜プリザーブドフラワー〜

生花のように生き生きしていて、その美しさを長く保てます。
水やりなどの世話も不要ですので、贈るととても喜ばれるでしょう。

花の種類などにより価格はピンからキリまでありますが、贈るものが7,000円以上である場合には「御祝」や「祝開店」また、お贈り主の社名やお名前を載せて、お花に飾る立て札を付けることが一般的です。

名前入りの立て札というのは、お贈り主をしめすシンボルになりますので、知人の開店祝いにお花を贈る際には立て札はつけておいた方が良いでしょう。