ホーム » 教育 » ハッピーマムは親子の笑顔のため、を基本理念とした認証保育所です

ハッピーマムは親子の笑顔のため、を基本理念とした認証保育所です

認証保育所で注目されているハッピーマム

保育所を探した経験がある人なら認証保育所の名前を一度は聞いたことがあるかもしれませんが、認可保育園とはまた違うんですよね。

今の認可保育園の設置基準が厳しいので都内では満たすことが難しくなり、東京都が独自制度として認可したものなんです。

独自の制度で設置されている保育所のことで、国の設置基準に従うだけでは設置が困難なので都民のニーズに応えるために作られました。

認証保育所は認可保育園よりも設置基準が低くなっていることから、認可保育園は作れないけど認証保育所なら作れるケースが多々あります。

保育園不足を解消するための有効な手段になると期待されていて、保育の内容も都独自の基準で適切な保育水準を確保できるよう定められているので安心です。

認証保育所は待機児童を減らすために新たに作られた独自の制度で東京都にしかありませんが、今まで保育園に入れなかった家庭でも利用できる可能性があります。

そんな認証保育所で注目されているのがハッピーマムで、独自の教育プログラムを持っていることから保護者から高く評価されています。

ハッピーマムの基本理念は親子が笑顔になれること

ハッピーマムの基本理念は親子が笑顔になれることで、これは子育てをする全ての人の願いと言っても過言ではないですよね。

預けることで子供の驚くような成長を見ることができるのを期待することができ、親が笑顔で子供に接すると子供は安心することができます。

子育てをする全ての人に笑顔になってもらいたい、そんな思いからハッピーマムは誕生したのです。

現在既に都内に合計7つの認証保育所を運営していて、園の基本理念に沿ってとにかく笑顔で接することを心掛けています。

みんながハッピーでスマイルになれる朗らかな保育を目指しているので、人気があるのも納得がいきます。

育児をしながら働く親御さんたちをサポートしているので、安心して預けることができるでしょう。

子供を健やかに育てるたには周りの大人たちが笑顔で接することが大事で、子供は自分に笑顔が向けられると愛されていると感じるものです。

幸せな気分になれると、子供は大人たちに向かって自然と素直に笑顔を返すことができるようになります。

この信頼関係こそが親子の間で最も大切なことで、健やかに育つための基本なんですね。

この保育所に入れば親が昼間一所懸命に働いている間、子供たちは笑顔の中で過ごすことができるので安心です。

素晴らしいところは、関わる全ての人たちが笑顔でいられる保育を目指している

ハッピーマムが素晴らしいのは、関わる全ての人たちが笑顔でいられる保育を目指しているところです。

遊びと学びを楽しみながら生きる力を育てる教育をしているので、伸び伸びとした子供が育まれていきます。

子供は遊びと学びをしっかり楽しむことができると健やかな体と創りだす力、考える力や思いやりの心が自ずと構築されていくのです。

日本には昔から保育園がありますが最近は多様化しており、子供を預かって保護者の代わりに面倒を見るだけではなくなりました。

単なる子供を預かるだけのサービスだけでなく、多種多様なカリキュラムを用意した独自性のあるサービスを展開しつつあります。

そうしたカリキュラムは子供の将来を考えるととても魅力的で、親御さんにとって大きな安心材料になります。

充実したカリキュラムは本当に素晴らしく、今では独自性のあるサービス目的で保育園を選ぶ人が増えてきました。

これまでは自宅から近い保育園を利用するのが当たり前だったのが、最近は様々な面をチェックしながら選びようになってきたのです。

素晴らしい設備として今評判になっているのが保育施設のハッピーマム

都会には驚くような保育プログラムやカリキュラムが用意されていますが、素晴らしい設備として今評判になっているのが保育施設のハッピーマムです。

ここではプリスクールもきちんとあり、ソーシャルスキルを養うための工夫が構築されています。

子供が自信を持てるような教育プログラムも用意されているので、立派な社会人になるための基盤になることでしょう。

最大の魅力は外国人講師による授業があるところ

最大の魅力は外国人講師による授業があるところで、メディアでも話題になっている国際バカロレアを導入しています。

国際バカロレア認定校監修による関連のカリキュラムがあるので、絶対にここに子供を受けさせようとする保護者も少なくありません。

プリスクールには年齢別のカリキュラムが設けられているので、年齢に応じた最適な教育を受けさせることができるのも魅力の1つです。

乳児には音楽などを用いて自然に英語にかかわる環境を作ることも可能で、この方法なら無理なく英語に親しむことができますよね。

1歳や2歳児になって英語による指示やロールプレイなどを取り入れると、発展的な英語学習が期待できます。

3歳から5歳になると英語を交えたゲームを行ったり、英語の読み書きや話をしたり聞いたりすることができる能力を身につける学習も行っています。

ハッピーマムは早いうちから語学力を上げる経験を実践として取り込んでいるので、子供を成長させる力が違います。

多感な幼年期を過ごす子供を豊かに成長させたい人にオススメで、子供が今後直面するであろう多言語への対応にも十分応えることができそうですね。

[PR]ハッピーマム