ホーム » 未分類 » 人事管理システムの概要やメリットについて

人事管理システムの概要やメリットについて

人事管理システムは社内の人材を有効活用するためのシステムで、欧米では主流でしたが日本でも少しずつ導入され始めているシステムです。

社員の基本情報を集め、実務経験やスキル、それに対する評価やポテンシャルなど社員に関する情報を一元化しているシステムです。

採用や配置などを客観的に行うことができ、必要なときに必要な情報を簡単に検索することが出来るシステムです。

メンタルケアなどの人事的な戦略にも役立てることができ、社員一人ひとりの能力や才能を見出すことが出来るようになります。

一元化されたデータを分析することができ、能力や経験に合わせてチーム編成を作ることが出来ます。

人材の情報管理は複雑さが増していることから、紙の資料からの脱却が進められるようになっています。

■タレントマネジメントシステムについて

現在の人材管理システムはタレントマネジメントのシステムなどの役割を担っていて、古くからある給与システムや人事システムと同じように企業の戦略として重視されています。

タレントマネジメントが重視されるようになった流れには、企業の戦略の変化があります。

企業の経営に欠かせないものとして人や物、お金が挙げられます。

人的なリソースが生み出す価値こそが会社の価値と考えてられ、その人事は経営者の勘や感情で決められていましたが、人材管理システムを駆使することで適切な人事配置をすることが出来るようになります。

新たに発足するプロジェクトを始めるときに担当者を選抜する場合には、社員の経歴や性格などを知っている現場の管理職や人事担当者が候補者を探しています。

自分自身の記憶や感情、紙の資料を参考にして担当者を決定していたのです。

ですが社員の数が数百人以上になってしまうとこのような方法では適切な担当者を見つけ出すことが難しく、担当者を見つけるまでコストや時間が掛かることになります。

思いがけないところに適切な人材が居たとしても、紙の資料だけでは優秀な人材を見逃すリスクもあるのです。

このリスクを避けるために組織や人材の管理でもIT化が進められるようになり、スピード感がある人材のマネジメントを実現する動きが出て来ているのです。

社内の人的リソースを最大限に生かすためのシステムとして、様々な企業が取り入れています。

■人事管理システムの役割とは

人事管理システムの役割は、人材の面からみると最適な人材を会社内から効率的に探すことが出来るシステムになります。

最も効率的に人材を探すことができ、基本属性や業務の経歴、持っている資格やスキル、本人の希望や研修の経験など様々な条件を組み合わせて検索することが出来ます。

検索をするためには日常的にデータを貯蓄して、必要なときにすぐに取り出せるようにします。

組織の面からみると、人事構成やその業績、人件費などをリアルタイムで見ることが出来る役割があります。

常にリアルタイムで確認することが出来るので、その都度比較検討することができ、シミュレーションを行うことで優秀な組織を作る役割があります。

人材構成についても適切な人材を検索することと同じように、様々な項目ごとに検索をすることが出来ます。

社員の経歴やスキルを給与システムと連携して、全ての情報を一元化する役割もあります。

導入することによって得られるメリットは、計画的な人材開発をすることが出来ることです。

必要な人材や欲しい人材を育成することができ、社員一人ひとりを計画的に育てることが出来ます。

キャリアモデルを細かく設定して、必要な教育や実務経験をさせることが出来ます。

候補となる人材に適切な業務を担当させることが出来たり、それに合った研修を受けることが出来るようになります。

紙の資料だけでは管理することが難しく、検索する手間が掛かります。

システム化することですでに経験した研修や業務を知ることができ、また経験していない必要な業務や研修を明確にすることが出来ます。

人事担当者や現場の管理職が情報を共有することができ、人材開発をサポートすることが出来るようになります。

また最終的な決定をするのは幹部や管理職などの人間ですが、人間が判断を行うときにはどうしても個人的な感情が入ってしまうことがあります。

その人間の意思決定をシステムがサポートすることができ、必要なデータや判断材料を提供することが出来ます。

データを可視化することもでき、マネジメントに必要な情報を知ることが出来るようになります。

優秀な社員を企業内に繋ぎ止める効果も期待されていて、優秀な人材の流出を止めることが出来ます。

これまでは幹部や管理職の主観で評価が決められていましたが、主観ばかりを頼りにすると社員が不満を持ち始めます。

優秀な社員の評価を低く設定してしまうと本人が不満を持ち、新しい職場を求めて転職をしてしまうことがあります。

システムを導入することで社員のモチベーションをアップさせることができ、間違えのない人材評価をすることが出来るようになるのも大きなメリットです。

参考:https://www.aand.co.jp/lp/amsplus/