ホーム » 未分類 » 検体検査とはどんなこと?

検体検査とはどんなこと?

・検体検査とは

検体検査は主に尿や便の検査をするのが一般的です。

尿検査では腎臓や肝臓、膀胱などの病気発見、糖尿病かどうかなどを知ることができます。

便の検査では大腸がんや胃ガンなどの発見、寄生虫を見つけることも可能です。

他には血液検査や生化学検査、免疫・輸血検査、細菌検査、病理検査などがあります。

血液検査は血液の中の細胞である赤血球や白血球、血小板などについてや止血に関わる成分について検査を行ないます。

貧血や感染症などについては血液の中の細胞数を数えることによってわかります。

白血病は血液のガンと呼ばれていますが、白血病の場合は通常は見られない白血球の異常などがあらわれるので血液検査を行なうことによってそういった病気の発見をすることができます。

止血に関わる成分についての検査では止血機能異常である血友病や血栓症などの診断材料になります。

・生化学検査について


生化学検査では血中の化学成分の量を調べるというもので、例えば化学成分ですとブドウ糖やコレステロールなどがあります。

最近では測定検査の正常化が実現されつつあり、分析装置や試薬などの精度もだんだんアップされつつあります。

どの医療機関で検査しても同じ基準値で検査結果を評価することができるというメリットがあります。

これは将来的に病院を変えたとしてもその度に血液検査をしなければいけないわずらわしさから解放される可能性があるということです。

そして免疫・輸血検査は血液の中のたんぱく質やホルモンなどを抗原抗体反応で測定、血液型や輸血の時には必要な検査を行ないます。
この検査でわかることといえばB型肝炎、C型肝炎などの肝炎ウイルスや血液による癌の検査である腫瘍マーカー検査の結果、甲状腺やその他のホルモンの測定などです。

・細菌検査・病理検査について

細菌検査は肺炎の喀痰、下痢の便、膀胱炎の尿、傷口の膿、敗血症の血液など様々な感染症や細菌など原因を見つけ、その菌に対してどういった薬が効くのかということを調べます。

検査するものをスライドグラスに薄く塗って染色液で染め、顕微鏡で観察する塗抹検査、菌が発育しやすいように栄養を含んだ寒天培地に検査するものを塗って菌を増やす培養検査、その培養検査で発育した菌の性状を調べて菌種を決定する同定検査、その菌に効果的な薬を調べる薬剤感受性検査などがあります。

病理検査では患者から採取した組織や尿・喀痰などの排泄物、腹水・胸水などの体腔液などから標本を作製した上で目的に応じた染色を行い、顕微鏡で観察します。
そして疾患の診断や病態の把握などをします。

組織を観察するのは組織検査、排泄物や体腔液を観察する細胞診検査があります。
この検査をすることで最終的な診断が確定します。

・検査を受ける前の注意点


検体検査を受ける前日はできるだけ夜8時までには食事をすませて早めに寝るようにするのが大切です。

検査内容によっては朝食を食べずに検査を受けることになる場合もあります。

またダイエットをしている時に血液検査を行なうと数値に違いが出てしまいますので、正確な結果を出すことができません。

そのため、ダイエット中に検査を受けることはやめておいたほうが良いです。

また多量のビタミンCの摂取は避けておくほうが良いでしょう。

排泄物や尿を検査のために提出する場合は出始めや終わり頃のものではなく、できるだけ途中に出たものを提出するようにします。

この途中に出ているものが最も体調などに影響しているためです。

もし生理などで血液が混ざる可能性がある場合は前もって言っておくほうがいいです。

血液検査の場合は血管が細い人やもろい人の場合、腕を動かしたり、手をグーやパーにしたりして血流を良くした状態で採血するのが望ましいです。

採血後にはしっかりと注射針が刺さった部分を押さえて止血しておきます。

採血したところが腫れてしまったり、しびれてきたりした時にはすぐに医師に伝えるようにしたほうがいいです。

また服用している薬がある場合も前もって言っておくほうがいいです。

これは飲んでいる薬によっては検査結果に響いてしまうことがあるからです。

同じ検査でも検体検査と共によく聞かれるものに生体検査がありますが、これは検体検査とは違い、専用の機械を使ったりして直接体の中の様子を調べるという検査です。

レントゲンやマンモグラフィーなどがその代表的なものです。

検査をしましょうと言われた時に検体検査をすると言われるか、生体検査を行なうと言われるかによって検査方法は全く違うものになるということです。

ただ検体検査の場合も生体検査の場合もどういうものを検査するかによって食事を抜かなくてはいけないことがあるという部分は共通していることになります。

病気の治療の基本は早期発見・早期治療になりますから、必要であれば検査をいろいろとして体の詳しい状態を知ることが大切です。

検査をする前日などに言われた注意事項は必ず守っておくのが正確な検査結果を出すためにも必要なことになります。


参考サイト:保健科学研究所