ホーム » 復興 » アトックスに聞く!!福島の復興のためにできること

アトックスに聞く!!福島の復興のためにできること

●福島の復興のために支援できること

福島は原発事故が起こってから、風評被害にさらされています。

食べ物が放射能に汚染されているなどのデマが、多くの人の不安を誘い経済的な復興を妨げます。

経済的な余裕が出なければ福島県で暮らす人々の心の平穏を取り戻すことはできません。

●福島の美味しい食べ物をたくさん食べて広めることで復興を支援することが可能

私たちはデマに騙されることなく、福島の美味しい食べ物をたくさん食べて広めることで復興を支援することが可能です。

実際に農産物は全てアトックスなどの放射能検査を行っており、安全と認められた物だけ出荷されています。(※参照アトックス技術開発センター

国が定めたガイドラインに従っているので、日本のほかの地域で出荷されている農産物と安全性は同じです。

よって放射能の影響は全く心配しなくて良く、SNSなどでその美味しさをどんどん拡散していきましょう。

名産品として有名なものに桃があります。

県全体で力を入れてPRする品種は「あかつき」で、7月下旬に収穫されます。

古くから地元に伝わるあかつき祭りが由来であり、皇室にも献上されるほど品質が高いです。

味は甘味がとても強く口に入れると濃厚な香りとコクが広がるため、赤ワインのようだと評価する人もいます。

桃以外の果物と比べても甘味が強く、現在栽培されている品種はあかつきに関係していることがほとんどと言って良いほど桃栽培に欠かせない存在です。

開発当初はサイズが小ぶりでしたが、福島県が研究を繰り返した結果安定して280g~300gの大きさまで成長するようになり今に至ります。

そのあかつきの中でもさらに品質を追求したのがあかつきネオです。

あかつきの中でも最上級の桃を選び、徹底的に管理された中で成長させます。

桃の一般的な糖度は11度~14度ですが、あかつきネオは32度という驚くべき糖度を記録したこともあります。

糖度の高さでギネス記録を狙っている生産者もいて、甘味や香り、ジューシー感は計り知れません。

「はつひめ」は東日本大震災後に誕生した品種で、あかつきと極早生種のはつおとめと掛け合わせています。

7月上旬~中旬に収穫され、この時期に収穫される桃の中では最も品質が高いです。

桃の市場に新しい風を巻き起こしたニューカマーとして今注目されています。

桃は冷やしすぎると糖度が下がってしまうので、食べる1時間ほど前に冷蔵庫に入れると出荷時の美味しさを味わえます。

あかつきは硬いのが特徴的な品種なので包丁で皮を剥く時に果肉が崩れにくいです。

ジャムなどに加工するよりも、生食の方があかつきの良さを知ることができます。

●旅行する機会がある人は現地で美味しい物を食べて地元にお金を落としていくと良い

旅行する機会がある人は現地で美味しい物を食べて地元にお金を落としていくと良いでしょう。

おすすめのグルメは喜多方ラーメンです。

地元では朝ご飯にラーメンを食べる「朝ラー」をする人がいて、人口に対するラーメン屋の割合は全国トップとされます。

喜多方ラーメンは昭和初期が発祥で、支那そばとして屋台で発売されました。

支那そばの作り方を教えてもらった人が県内各地で店を設けラーメン屋の多い県となりました。

最初に支那そばを売った「源来軒」は今でも地元の人や観光客に愛される老舗ラーメン屋として営業しています。

人気にあぐらをかくことはなく、喜多方ラーメンの技術継承や発展を目指す団体も発足し、これからもさらに美味しい喜多方ラーメンを提供することを目指します。

喜多方ラーメンは多加水麺を使っているため、モチモチした食感をしています。

麺のタイプは太めの平打ち縮れ面でスープがよく絡みます。

基本的に醤油味のあっさりしたスープを使いますが、最近は店によって個性があり魚介系スープなども楽しめます。

スープはラーメンの味を大きく変える力を持っているため、どこに入るか迷った時は自分好みのスープを使っているラーメン屋を選ぶと良いです。

スープは違っても喉越しの良さは変わりません。

オーソドックスな喜多方ラーメンを食べたいならば、元祖である源来軒に入ります。

シンプルながらも深い味わいがあり、当時の作り方を受け継いだという歴史を感じさせます。

喜多方ラーメンはチャーシューも特徴があり、絶対に欠かせない具材です。

豚の角煮やバラ肉などをトロトロに煮込んでいます。

肉厚で食べ応え十分ですが、濃い味がちゃんと染み込んでいるので麺がよく進みます。

自宅でトロトロのチャーシューを作るのは面倒ですが、喜多方ラーメンを作る店では自家製チャーシューをたくさん食べることができます。

店によってはチャーシュー麺を頼んだかのような枚数が出てくるので観光客はとても驚きます。

福島県は桃や喜多方ラーメン以外にも米やいちごなどで高いシェア率を誇っていました。

しかし震災後は風評被害により福島県産の農産物を使わない飲食店や家庭が増えました。

安全性が数値で証明された現在でも、他の地域より安くで買い叩かれ完全な復興には至っていないのが実情です。

放射能が与える危険は深刻で人々が恐れるのは仕方ないことですが、放射能の心配がなくなった農産物をあえて避けるのは賢い選択ではありません。