ホーム » 未分類 » 朝ヨガの効果

朝ヨガの効果

大阪でヨガをするなら、天満のヨガスタジオ、ヨガ教室:ハッピーハーモニー
http://www.happyharmony.net/

デスクワークなどで長い間座りっぱなしになると、骨盤が開いてしまいがちになります。
そうなると、骨盤をまわりの内蔵を支えている筋肉が衰えてくるそうです。
朝は骨盤がしまりやすいため、朝ヨガは骨盤のバランスを整えることで、内臓の働きを良くすると言われています。

また、朝に空腹の状態でヨガを行うことで、脂肪燃焼効果がアップします。
起床後すぐの身体は、硬くて代謝も良くないですが、それをゆっくりと伸ばして、血の巡りを良くすると代謝も上がります。
それを継続していくと共に、体質が改善されていきます。

自律神経が切り替わる朝にヨガを行うと、目覚の時に交感神経(日中に活発化)が働くことにより、目覚めが良くなります。
また、目覚めてすぐに太陽を浴びると、セロトニンが増えることで、幸せを感じやすく、そして、朝であることを身体がしっかりと認識し、それによりやる気スイッチが入ります。

ヨガのポーズは体の前後の筋肉にバランスよくかかるので、心身共に整った状態で1日のスタートをきることができます。
さらに、体温も気持ちもあがり、1日の始まりが心地よいものになるでしょう。

朝ヨガをする前のポイントとしては、起床後はまず、トイレを済ませてから、朝食をとる前にヨガをしましょう。
なぜならば、ヨガには内臓に刺激を与えるようなポーズもあります。
その場合食後だと気分が悪くなる可能性がありますので、だいたい食後2時間以上はあけた方が良いでしょう。

ヨガを行う環境については、太陽の光を全身で浴びることができたら、さらに効果をアップさせます。
また、足の指をしっかりと使うため、足の裏でエネルギーを吸収するために裸足で行いましょう。
ただし、お腹とふくらはぎが冷えてしまうと、効果が落ちてしまいますので服装には注意が必要です。