ホーム » 未分類 » 青汁を積極的に飲んでダイエット

青汁を積極的に飲んでダイエット

外食が多い、料理をする習慣がない、食べ物の好き嫌いが多い、インスタント食品やレトルト食品やコンビニのお弁当などに頼ってしまっている、忙しくて食事に時間をかけることができないなどの理由により食生活の乱れによる栄養不足を感じているという人は多いのではないでしょうか。

私もその一人でした。

私の場合は外食が多く栄養バランスも偏りがちでその中でもとくに野菜不足を感じていました。

野菜の1日の摂取目標は350グラムとされていますが、この数値をクリアするためには毎日膨大な量の野菜を食べなければならず、私にとってはとても高いハードルです。

経済的にも難しいですし、物理的にもそれだけの野菜を食べ続けることは困難です。

外食でイタリアンや中華や焼き肉やラーメンなどの油っこい食事を食べる機会も多く、明らかに栄養バランスが悪く健康に悪影響を与えてしまっているという自覚はありましたがなかなか改善させることができず、これといった対策もせずにいました。

その結果、年々体重と体脂肪が増えてきてしまっています。

30歳を過ぎた頃からそれが顕著になってきました。

年齢を重ねるにつれて基礎代謝量は低下しているにも関わらず10代や20代の頃と変わらない食生活をしているわけですから太るのは当然です。

健康診断や生活習慣病予防検診などの数値にもその影響があらわれていました。

悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血糖値が年々高くなってきています。

このままではどんどん太ってしまいどんどん健康に悪影響を与えてしまうという将来への不安も感じるようになり、思い切って食生活を改善させてダイエットに努めることにしました。

まずは外食を控えるということから始めました。

なるべく自炊をして肉類や魚介類や野菜や果物や大豆製品や卵や乳製品や海藻類などの食材を種類豊富に満遍なく食事のメニューに取り入れて、ビタミンやミネラルや食物繊維やタンパク質をバランス良く摂取するということを心がけました。

代謝をアップさせるために水分をこまめに摂取するようにしたりダイエットの大敵となる体の冷えを改善させるために生姜やにんにくやネギや根菜類を積極的に食べたりなどもしました。

私の場合はむくみの症状もありそれもダイエットの妨げになるので塩分をなるべく控えるようにしたり塩分の摂取によるナトリウム過多を解消させるためにカリウムを摂取したりすることも意識しました。

カリウムに強力な利尿作用がありナトリウムを排出してミネラルのバランスを整える働きがあるので、カリウムが豊富に含まれているバナナやアボカドやトマトを積極的に食べるようにもなりました。

しかし、それでも野菜の1日の摂取目標である350グラムという数値をクリアすることはできませんでした。

そこで、野菜不足を解消して効果的にダイエットをするために青汁を飲み始めることにしました。

青汁はケールや大麦若葉などが主原料となっている健康食品で食物繊維やビタミンやミネラルが豊富に含まれているので野菜不足を手軽に効果的に効率的に補うことができます。

引用:青汁 ダイエット

気軽に飲めるので毎日の健康習慣として続けやすいというのがとても魅力的です。

すぐに飲むことができるドリンクタイプのものや水などに溶かして飲むパウダータイプのものや凝縮されたタブレットタイプのものなど様々な形状のものがあるので自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

私はパウダータイプのものを選んで食生活に取り入れています。

パウダータイプのものは水に溶かすだけではなく、牛乳や豆乳やスムージーに混ぜて飲むこともできますしヨーグルトやアイスクリームにトッピングしたりすることもできるのでとてもおすすめです。

溶けやすいので料理にも活用できます。

青汁はドラッグストアや薬局やスーパーやコンビニや通販サイトなどで手軽に買うことができるのでとても身近な存在です。

私の食生活に無理なく取り入れることができました。

青汁を積極的に飲むようになってからは体調がとても良くなりましたし肌のコンディションも絶好調です。

むくみ、体の冷え、便秘などの症状も改善されて課題だったダイエットにも成功しました。

体重と体脂肪を見事に減少させることができました。

それだけではなく、悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血糖値も下げることができました。

様々な健康効果や美容効果を得ることができました。

食生活を改善させたことで健康や美容に対するモチベーションもアップし、良質な睡眠や規則正しい生活リズムや適度な運動などの健康的な生活習慣も意識するようになりました。

加齢に伴う基礎代謝量の低下を防ぐために筋トレも生活の中に取り入れるようになりましたし、脂肪燃焼効果が期待できるウォーキングや軽めのジョギングなどの有酸素運動も積極的に行うようになりました。

これからも積極的に青汁を飲み続けて痩せやすく太りにくい体づくりをしていきたいです。

 

トピックス
栄養凝縮し飲みやすい!「濃縮ケール青汁」、ファンケル