ホーム » 雑学 » 仏壇の種類と購入するときの注意

仏壇の種類と購入するときの注意

家庭における祭祀の場所となっている仏壇

おじいさんやおばあさんと一緒に生活をしていると、朝仏壇にお茶や水、ご飯を供えるのは日課となっているものです。

仏壇は家庭における、祭祀の場所になっています。

故人を供養して拝礼するための場所になります。

これがない場合には、できるだけ忌明けまでに整え位牌をまつることができるようにしたいものです。

細工や飾り仏具などが宗派によって異なりますので、購入時に菩提寺に相談して販売店にも、宗派をきちんと伝えるようにしてください。

仏壇を新しく購入したら、開眼供養を行います。

開眼供養の読経によって浄化されていき、本尊や位牌に魂がこもります。

また置く場所については、神棚と向かい合う場所は避けるようにしてください。

どちらか一方を拝むと、もう一方に尻を向けることになるからだと、いわれています。

形については大きく分けて上置き式と、台付きがあります。

上置き式は、タンスや棚の上などに安置するタイプのものです。

比較的コンパクトなものが多く、高さ六十センチほどのものが一般的です。

台付きは床の上に安置するタイプの、もっともポピュラーなものです。

上置き式を上に置いたような形になっています。

また材質や仕上がりによって金、唐木などにも、種類が分かれています。

きらびやかな金仏壇

漆を塗った上から金箔を施した豪華できらびやかなものが、金仏壇です。

材質はヒノキや杉などで、近畿、東海、北陸地方を中心に使われています。

唐木というのは、東南アジアなどが原産の黒檀、紫檀、欅、桜、桑、桐などをさします。

これらの木を使ったものが、唐木仏壇になります。

黒檀と紫檀は堅いうえに色合いも黒く美しく、特に人気がありますが価格は高めになっています。

これは木目の美しさを生かしたもので、関東地方を中心にして使われています。

この中に飾ってあるものが仏具です。

宗派によって飾り方がありますから、購入するときに販売店の方に確認してください。

最低限必要になってくるのは香炉、花立、燭台の三種でこれを三具足(みつぐそく)と呼んでいます。

花立と燭台は二つずつの対にすることが多く、この場合は五具足となります。

そのほかにご飯やお茶を仏様に供える仏飯器、茶湯器、供物を供えるための高坏、日々の供養の時に鳴らす鈴などがあります。

中を飾っている飾りも必要になるかもしれません。

必要ならば少しずつ購入するようにしてください。

・・・仏壇通販

販売店は高級品中心の店や比較的手ごろな価格の品が中心の店と、品ぞろえが特徴的です。

よさそうなお店を見つけたら、販売店の人と相談しながら見積もりを立てていってください。

大きさをよく確認して買うようにしてください。

特に扉を開ける分の空間を忘れないよう、注意しましょう。