ホーム » 未分類 » 富士学院のような予備校を探す

富士学院のような予備校を探す

医学部受験は、はっきり言いますと合格への大変さは他の学部の受験と比較になりません。

医学部合格には一筋縄ではいきませんが、大きな志があるからこそ何浪しても医学部受験に挑む人はいます。

医学部受験に勝ち抜くために大切なのは、第一に予備校選び。

元々の学力やモチベーションが高い人でも、受験当日までその力が高い水準を保っているとは限りません。

予備校で同じ志を持つ仲間や、合格への正しい道筋を示してくれる講師陣がいるからこそ、医学部受験を勝ち抜いたという人も少なくありません。

受験は自分との戦いとも言いますが、優秀な学生でも、ほとんどの場合孤独では受験は戦えないのです。

(参考)富士学院の学費に関して

ではどうやって予備校を選ぶのでしょうか。

予備校の評価は、単なる偏差値や合格率といった数字だけで決まる訳ではありません。

実際にその予備校に通い、希望の大学の合格を獲得した学生の声。

これこそが次に続く受験生の予備校選びの水準となるのではないでしょうか。

そのような元医学部受験生の声を基にして作られた比較サイトも存在します。

すでに医学部へ進学している先輩がいるなら、その人に尋ねてみるのもよいでしょう。

ただネットだけを見て評判がいい、多くの先輩が通っているという理由だけで決めるのは尚早です。

実際に予備校へ行ってみて、体験入校などがあれば積極的に参加してみましょう。

指導方法や講師も優秀ではあるけれども、相性があります。

他にも立地や実際の目でみなければ分からないこともたくさんあります。

複数の予備校を比較するは悪いことではありません。

ここで頑張る、という気持ちが起こる場所なら通い続けることもできますし、モチベーションの高い学生は他の学生にも良い影響を与えることができ、お互い切磋琢磨して合格へ突き進むことが可能です。

高校生でも、現役合格を目指してダブルスクールする学生も珍しくはありません。

医学部受験の準備の傍ら、本格的な受験に入る前にじっくり比較検討するのも良いでしょう。